Компания патентных поверенных

80年代終り90年代初めに欧米の最大会社は旧ソ連の国々をディスカバーし始めました。ロシア現在状態を良く知っていると同時に国際基準を守っているロシア内知的財産を専門とするようほど信頼できる相手が必要でした。知的財産に関係するサービスを提供する最初の株式会社の一つは″トランステクノロジー″会社でした。″トランステクノロジー″会社の成り立ち時代に整えた米国と日本の最大会社との親密なパートナーシップおかげで、ロシア内の自分の活動の法律支援を要する活動の科学技術協力を行う海外会社の大数が仰望しました。
ロシアのビジネスの発達に従って、当社の顧客基盤はロシア内・外国市場展開の際知的財産の法的保護を要するロシアの会社で拡大させていました。我々は外国のパートナーと一緒につんだ知的財産の法的保護と法的防御の海外経験を積極的に活用して、ロシアのお客さんの意識を良く理解出来るので以前から当社との協力がお互いに有益でありました。
″トランステクノロジー″会社は知的財産権の幅広い分野で高い専門的な代表レベルを確保出来る 会社であるという評判を得ました。当社の専門家は特許局、税関、反独占庁、執行機関 、およびロシア内裁判所などで知的財産所有者の法的権利を見事に主張しましたこそで、当社との
協力は何れも会社のために成功に近道に成って来ました。
現在はロシアと外国の最大会社、中小企業などが″トランステクノロジー″会社のお客様に成りました。
″トランステクノロジー″会社は教育・科学省、産業貿易省、経済開発貿易省などのロシア連邦の執行機関と緊密に協力しています。それによって近年は 技術保護と商業化の分野に法的・方法的フレームワーク作成及びイノベーションのインフラ発展などに向かっている十つ以上の大きいプロジェクトを実施することが出来ました。
″トランステクノロジー″会社は経済協力開発機構、国際連合工業開発機関、欧州委員会、 欧州特許庁、フランス大使館、世界知的所有権機関、国際連合欧州経済委員会(欧州経済委員会)のプログラムの枠内で実施されていた知的財産とテクノロジートランスファーと直に関連する国際的とロシアの大きいプロジェクト実行の経験が沢山あります。

更に、″トランステクノロジー″会社のエキスパートはロシア内外の知的財産の課題に関する七本の本と百二十以上の記事を著しました。即ち、″商業ベースでテクノロジートランスファーの法的側面″(モスクワ、2000年);″露米技術協力″(法的側面、主な勧告;モスクワ、2000年;ワシントン、2001年); Legal Regulation of Protection and Commercialization of Intellectual Property Created by the Russian Public Research Organizations (″国立調査機関の知的財産の商業化の法規制、OECD、2002年); The Strategic Use of IPRs by Public Research Organizations in OECD countries (″経済協力開発機構の加盟各国の国立調査機関の知的財産権の戦略的な利用″;OECD、2003年)、″技術商業化の法律問題に関する露中共同勧告(モスクワ、2003年;北京、2004年); Critical Analysis of Topical Issues in Russia’s Innovation System ’sInnovationSystem(″ロシアのイノベーション分野の刻下の問題の厳密解析″; 欧州連合資金による″ロシア連邦の科学と技術商業化″プロジェクト- PrProject Science and Technology Commercialization Russian Federation, Funded by the European Union, 2007);″タタールスタンの知的財産市場の法律枠″ (世界銀行、2012年)。